Information 最新情報

2014.4.1

こんにちは。ジャズバー矢嶋です。

花見の季節になりました。

夜桜咲き誇る代々木公園へ行きました。一人で。

特に意味はないけども。

まあ一人で缶ビールを煽っていれば、孤独な女体が寄ってきて性的祭事(エロイベント)が起こるかもしれないし。期待はしてないけども。ただ、まあ一応行く。

うん、案の定何にもなかったし。

公園内を3往復して帰ってきました。一応ね。

全然ほんと辛いとかじゃないんで。去年も一昨年も行ったからそういうのないの知ってるしね。

もうほんと皆花見でワイワイやってるの見ててこっちも元気もらえたしね。ほんと。

IMG_4664 (2) (768x1024)

 

写真は代々木八幡駅へ向かう途中の道で。

公園内の桜の写真取るの忘れてまして。ほんと全然辛いとかじゃないから。

もうほんと

増税いやだわー。

次はーきみえさんー。

ページトップへ

2014.3.14

IMG_4092 (800x600)

 

こんにちは、ジャズバー矢嶋です。

毎回僕の日記の冒頭に高柳の写真を入れたら、いつか高柳がジャズバー矢嶋だと勘違いして高柳に「ジャズバー矢嶋さん!」と声を掛ける乙女が出現するかもしれやせん。何か興奮しますね。

そんなことはさて置き、高柳の写真を載せるとアクセス数が上がるとか上がらないとか…手持ちの写真を放出だっ

 

乙女「高柳さーん」

IMG_4097 (800x600)

 

高柳「…」

乙女「こっち向いてよ!」

IMG_4094 (800x600)

 

高柳「…ん?どうした?」

乙女「膝見せて~」

IMG_4102 (800x600)

 

高柳「仕方ないな…」

 

IMG_4099 (800x600)

高柳「ごらん、高柳の、ヒザだよ。」

乙女「SPARKING!!」

みたいなことでね。

次は、きみえ!

 

 

ページトップへ

2014.2.21

こんにちは、ジャズバー矢嶋です。

今日S&Bの「濃いシチュー ビーフ」を三箱使ってビーフシチューを作っていたら、

IMG_4562 (800x600)

あら可愛い。一つだけルーのケースがハート型でしたの。まあ可愛い。やれ可愛い。

折角だからS&Bのカスタマーセンターに電話して聞いてみると、真矢みきさんみたいな声したお姉さんが「そういうのもありますね。」と素っ気ない。以下やり取り。

私「ああ、そう…なんですか。あー、…そう…ですか。…これって…珍しいんですか?」

お姉さん「そうですね。」

私「10分の1くらいの確率とか…?」

お姉さん「ちょっとそれは秘密です。」

私「秘密…ほう、そうですか…。ふーん、…まあ、当り…的な…」

お姉さん「そうですね。」

私「…」

お姉さん「…」

私「…」

お姉さん「フフッ…良い予感が、…致しますでしょ?」

 

精巣がギュンギュンしました。

つぎははらひろさんでーす

 

ページトップへ

2014.2.2

こんにちは、ジャズバー矢嶋です。

自転車でちょっと遠出をしたのでちょっと写真など。

まず杉並の東高円寺からえん寺本店でつけ麺を食べて出発。

行先は都営霞ヶ丘アパート。1960年代に建てられたみたいです。とかく古いです。
2020年東京オリンピック開催にあたり、壊されてしまうとかしまわないとか…。

道中でも何か香ばしい建物は無いかとうろうろ。

IMG_4415 (957x1280)

窓にモミジのペイントがあしらわれているマンション。                           秋のペイントの消し忘れなのか、それとも季節感無視のふざけた装飾なのか。しかし左下を良くみると…

IMG_4416 (1280x972)

…なるほどね!そういう不動産屋さんなのね!信念もってやってるのね!ふざけてるとか言ってごめんね!

みたいなことがあったり…

IMG_4368 (960x1280) (2)

ホラーにしかみえない表紙の絵本みたり…。ようやく到着。

IMG_4420 (1280x960)

ああ、いいよね。

IMG_4426 (960x1280)

剥げてて、いいよね。

IMG_4412 (960x1280)

この遊具とか、

IMG_4413 (1280x960)

遊び方が、わからないよね。

IMG_4429 (960x1280)

段差が、あるよね。

IMG_4436 (960x1280)

ここにも、あるよね。

IMG_4439 (960x1280)

段差まみれだよね。

IMG_4437 (1280x960)

IMG_4438 (1280x960)

肝心の段差はそうでもないよね。

IMG_4440 (1009x1280)

これに関してはもう何かわからないよね。

次は、はらひろさんです~。

ページトップへ

2014.1.20 家

こんにちは。ジャズバー矢嶋です。

現在私は祖父が遺した一軒家に一人住んでいます。築数十年のそこそこ年季の入った家です。

その家も老朽化の為、いよいよ来週建て壊すことになりました。

小さい自分は、その頃はここには祖父母が住んでいて、盆暮れ正月に家族で泊まりに来ていただけでしたが、
祖父の死をきっかけに8年前より自分が住むようになり、さらに去年の11月までの2年間は相方と米ちゃんと3人で住んでいました。
なかなかに思い出深い家です。

三個あるがそのうち二個は故障しているトイレ。

五月辺りになると、そのあまりの毛虫の着きっぷりにもはやそれ自身が毛虫を生み出しているのでは?
との推測から「はじまりの木」と名付けられた庭のツバキ。

主である私が家に帰ると侵入者警報を鳴らす警備保障会社ALSOK。

二個あるがそのうち一個は洗濯機置き場になっている風呂場。

祖父の仏壇の下から不意に出てきた「ラスト・サムライ」のDVD。

仏壇の位牌を移した後も、何も奉ってないのに線香をあげ手を合わせていた米ちゃんの相手不在の祈り。

完全におっぱいの形をした二階の部屋の電灯。子供の頃気づいて祖父を見る目が変わった精巧な乳首の造形。

落雷により故障し「ロックします」という警報音声が7時間鳴りやまないという漫画みたいな壊れ方した警備保障会社ALSOK。

私が住みだした途端引っ越した隣家。

等々、いちいち色々ありました。

それを建て壊し、新築の家に致します。

もう食器棚の奥に祖母の遺言書を見つけ、便所で用を足してながら読んでいて、
便所の小物入れに入れて置こうと思って開けたら別の遺言書が出てくるみたいなサイケデリックな体験をすることもないでしょう。

少しさびしい気もします。

そんなわけでしばらく神奈川の実家へ帰ります。

次はパーラメンツの鈴木です~

ページトップへ

明けましておめでとうございます。2013.1.6

明けましてジャズバーおめでとうござい矢嶋です。

挨拶と自己紹介をミクスチャーしてみました。

今年もよろしくお願いします。

更新が遅くなってしまい申し訳ございません。
年末は胃腸炎だったのでとても日記がかける状態ではありませんでした。

お腹を下し散らかしていたものでして。催したら側、射出の状態でしたので。

口では大丈夫だなんて言ってましたけど、下のお口は嘘がつけないようでした。

僕の下のお口はとんでもなくだらしないじょうたいでした。

もうエロ漫画です。

ま、それもすっかり治りまして新年は元気に参りたいと思います。

芸人日記も結構間隔が開くようになったので、今年はブログを更新したいと思います。

次はパーラメンツの鈴木くんです

ページトップへ

2013.10.17

こんにちは

遅くなってすみません。PCが壊れているからです。

PCが壊れたごときで日記が更新できなくなる惰弱な私に雨あられと慈悲の心を降り注いで下さい。

そんなわけで秋です。

秋と言えば抜け毛の季節です。

薄毛の人に年に一回訪れる、毛の大殺界。

細木も細毛に見える、身も毛根も凍る季節です。

そんな厳しい季節と、毛の生える(であろう)薬というケミカル配合物を武器に闘う私はさぞ勇敢であること異論なしなのですが、なんか毛生え薬を飲んでいると身体の頭髪以外の毛が濃くなったり今まで毛が生えなかった部分に毛が生えてきたりします。

今日気が付いたところで言うと、

IMG_3944 (1280x960)

右手の

IMG_3944

第一関節と第二関節の間の、

IMG_3944 - コピー

 

 

ここに新たな命が2本。

たかが2本、されど2本。

初めて稲作に成功した縄文人も同じ気持ちだったのでしょう。

その時、歴史が動いた____

毛の進化は、とどまることを知りません。

次はツイキャス鈴木くんです。

ページトップへ

2013.8.27

こんにちは

更新が遅くなりました。

だって我が愛機PCが壊れてしまったのですから。

我が愛機PCは、先日の豪雨の際に起きた雨漏りによってびしょびしょに濡らされて逝って、いや逝かされてしまいました。

そんなAV男優顔負けなゲリラ豪雨によって我が愛機PCは修理を余儀なくされたわけです。

まだ買って一年半。我が愛機PCの修理費は12万円とのことでした。

6万で買ったんだけどな。

しかもデータのバックアップとってないし。

ダウンロードした数十本の映画の動画、10Gに及ぶ東京の街の写真。音楽。健康的合法猥褻動画等。                                                                  AVゲリラ豪雨が奪ったものは我が愛機PCだけではございません。

豪雨と共に落ち狂っていた落雷よって、家に入っていた警備会社の装置が壊れて、5分毎に「侵入警報良好です」という気の利いたセリフが馬鹿でかい音で鳴るのが止まらんようになり、僕と米ちゃんの睡眠を見事にインターセプトしてくれました。結局業者を呼んで電源を切りました。      あとWi-Fiが使えなくなりました。電波の発信機がトラブルシューティングにも乗ってないような不規則な光を放つようになったのです。明らかに落雷があってからの問題です。

あと自転車が紛失しました。雨降ってて管理できなかったせいです。

とにかく雨漏りで布団とか本とか濡れつくしています。天井が剥がれ落ちてます。

1

こんな感じです。剥けに剥けてます。

この前えぐもと一緒に花火をしたのでえぐもの写真を貼ります。

1

唯一の癒しの時でした。

ジャズバー矢嶋

ページトップへ

日記 2013.8.5

こんにちは

江戸東京たてもの園に行ってきました。

江戸東京たてもの園とは…

「江戸東京たてもの園は、1993年(平成5年)3月28日に開園した野外博物館です。
都立小金井公園の中に位置し、敷地面積は約7ヘクタール、園内には江戸時代から昭和初期までの、30棟の復元建造物が建ち並んでいます。当園では、現地保存が不可能な文化的価値の高い歴史的建造物を移築し、復元・保存・展示するとともに、貴重な文化遺産として次代に継承することを目指しています。(江戸東京たてもの園のサイトより)」

江戸東京といえば博物館かたてもの園かということで議論になりますが、三鷹に住んでいる私としては小金井公園内にあるたてもの園の方に足が向いてしまうもの。

IMG_3263 (1280x960)

園内はこんな感じ。特に案内人などもおらず、自由な順序で一人でもすたすた回れるつくりになってます。

昔行ったときは、「江戸の農家コーナー」にある茅葺屋根の家の中に「折り紙の達人」なる市村正規さんみたいな顔した老人がいろりの前に座っていて、折り紙を教えてくれたこともあったんですが。気軽に折り紙を始めたら最後、どんなに一生懸命に折っても市村正規似の達人に「はい、こんなんじゃダメ~」と作り上げたものを放り投げられるというプチ侮辱を受けますが。一切妥協を許さない達人でしたねあれは。

あと、江戸東京たてもの園は「千と千尋の神隠し」の舞台のモデルになった建築があるようです。

IMG_3287 (960x1280)

かまじいが出てくる壁一面引出だらけの建物は「武居三省堂文具店」さんの建物。

IMG_3282 (1280x960)

千尋の両親が飯を食いまくって豚になっちゃうとこのやつ。ここは台東区の下谷にあった「鍵屋」という居酒屋さんの建物。

 

IMG_3285 (1280x960)

あと湯屋。これは千住にあった銭湯、「子宝湯」さん。唐破風の上にまします千鳥破風が伝統と歴史を感じさせますね。中もほぼ当時のものを使って再現されています。

IMG_3275 (1280x960)

富士山。個々の蛇口の前の壁には、

IMG_3269 (1280x960)

なんか独特の昔話絵。臼人間はまだしも蟹は無茶し過ぎなデザインです。

IMG_3270 (1280x960)

後ろで見送っている雀がじわじわきます。趣が吹き出ています。

IMG_3272 (1280x960)

時代を感じます。

IMG_3261 (1280x960)

IMG_3277 (1280x960)

当然いい洗濯物干し場も。

次はパーラメント鈴木くんです。

ページトップへ

ゴキブリ 2013.7.19

汗でベタベタになった体を冷たいシャワーで洗い流す。

気だるい中、ドライヤーで髪を乾かす。

夏の夜、昼間の太陽に置いて行かれた暑さもようやく収まってきている。

何気なく自室のふすまを開ける。

「・・・?」

ふすまを開けた時のわずかな違和感、汚くはあるが居心地の良い見慣れた自室に感じるノイズ。

いつもの景色、つい数時間前と同じ景色、なはず。

つけっぱなしのテレビ、

机の上のチラシ、

“何かがいつもと違う”

不安が確信へ変わる。

バラバラに散らばった違和感のパズル、

そのピースの一つ一つが「カーペットを見ろ」と囁く。

視線をカーペットへ移す。

どうして気づかなかったのか、否、気づくまいと無意識に排除しようとしていたのだ。

すぐ足元、焦げ茶色のカーペットの上に堂々と鎮座ましますのは、約3億年の歴史を持つ生命体。

人間の負のパトスを一手に引き受け幾星霜、

指揮棒の如く振り回すその触覚が奏でるは、日常を終焉示すプレリュードかはたまた雄叫びのオペラかなんかか。

不衛生の――――権化。

脳がそれと認識するより早く、脊髄反射で自分の口から漏れた知能を感じさせない一言、

「ヒョッ」

この意味不明の言語をきっかけにしてカーペットの上の襲撃者が動く!

(疾い!)

一瞬の迷いが命取りとなる。

立体を捨てた扁平なそのフォルムが、二次元で襲い掛かる。

懐より取り出だしたるは―――たまたまそこに転がっていた噴霧式殺虫剤。

いつの間にか使ったのか、大分少ない。こんなに使っただろうか?

ゆっくり構えて、時速5Kmで動く負の奇跡へと向ける。

が、

(いない!)

汗が噴き出る。シャワーに入った意味がなくなった。

隙間に向かって噴霧する。
テレビの裏にも噴霧する。
本棚の裏、布団の隙間に噴霧する。

もくもくと部屋にあふれる殺虫剤。

目が痛い。

口から吸いこんだのか、意識が朦朧としてくる。

未だに虫影は見えず。

もくもくと殺虫剤。

完全に意識を失うまで、おそらくそれから5分とかからなかったはずだ。

・・・・。

・・・。

・・。

目を開ける。

どうやら部屋で眠っていたようだ。

大変体がだるい。

身体も汗でベトベトだ。

とりあえず冷たいシャワーでも浴びてから、寝るとする。(冒頭へ戻る)

ジャズバー矢嶋(日記遅れてすいませんでした)

ページトップへ
GO TO TOP